よくある質問に回答いたします!

  • 買い取りに必要なものは何ですか?

    住所、生年月日が記載された身分証明書が必要です。古物営業法に従い、二回目以降も、お買い取りのたびにご提示いただきます。18歳未満のお客様は、買い取りに保護者の同意が必要です。保護者に同伴いただけない場合は、保護者の承諾書が必要です。

  • 査定は無料ですか?

    はい。どんなお品物でも一点から、ご自宅まで無料で訪問して査定させていただきます。

  • 支払い方法は?

    査定後に、その場で現金でお支払いいたします。高額商品のため、現金支払いがご都合が悪いという場合には、別途ご相談下さい。

  • 下取りと買い取り、どっちが得?

    購入から数ヶ月といった特別新しい商品でない限り、買い取りがおすすめです!
    下取りは、製品の発売日やスペックから一律で価格を算出しますが、買い取り業者は中古相場を元に買い取り価格を算出します。そのため、人気のある商品なら高値を付けることができるのです。

  • 買い取り額に納得できない場合は、どうなりますか?

    安心してお断り下さい。一点もお売りいただけない場合でも、査定は無料です。また、当社の査定員は、無理にお売りいただくような営業をいたしません。またのご利用をお待ちしております。

  • 点数が少なくても、無料で査定にきてくれるのですか?

    はい。1点からお伺いいたします。

  • 電話やメールだけで査定してもらえませんか?

    電話やメールのみでの査定はできません。必ず現物を見せていただいての査定となります。事前に、査定が可能な商品かどうかといったご相談にはお答えできます。

  • 相場がわからないので不安です

    相場が変動する商品に関しては、お客様に情報を提供いたします。より高額査定が付きやすい時期もご案内しております。査定額にご納得いただけなければ、売却を見送っていただいてかまいません。その場合も査定は無料です。

  • 対象商品の中に掲載されていない商品は、買い取ってもらえませんか?

    いいえ、リストにない商品も買い取り可能です。掲載しているメーカー名や商品名は、高値がつきやすい商品の、ほんの一部です。ぜひご相談下さい。

  • 壊れていますが、大丈夫ですか?

    カメラ、時計、ミシン、ジュエリー、すべて壊れたお品物でも買い取り可能です。

  • 業者ですが、大量でも買い取ってもらえますか?

    はい。カメラ、ミシン、時計、お酒、ダイヤ、すべての取り扱い商品で、業者様からのお買い取りも歓迎しています。ただし、数量が多い場合は、引き取りは査定後日となる可能性もございますのでご了承下さい。

  • 時計買取についてよくあるご質問

    動かない時計は、修理してから査定に出した方がいいですか?

    無理に修理しなくてもかまいません。特に、高級時計の場合は修理代も高額です。買い取り価格を上回る可能性もあります。動かない時計は現状を判断して買い取りいたします。

  • 個人的な刻印がされた時計でもかまいませんか?

    お品物によります。また、買い取り可能な場合でも査定額は低くなります。ご了承下さい。

  • 酒買取についてよくあるご質問

    キャップに錆のある日本酒は買い取ってもらえませんか?

    買い取り可能ですが、査定額は低くなりやすいのでご注意下さい。

  • ウイスキーのコルクが痩せていても、買い取ってもらえますか?

    コルク栓のお酒は、コルクの状態が査定ポイントとなります。液漏れがなければ買い取り可能ですが、コルクの状態が悪いと減額となります。

  • カメラ買取についてよくあるご質問

    カメラの充電器を紛失しています。買い取ってもらえますか?

    査定時に動作確認が必要ですので、充電された状態が望ましいです。動作確認なしで買い取りも可能ですが、査定額に響くことはご了承下さい。

  • カメラのレンズのみ、本体のみでも買い取ってもらえますか?

    はい。いずれも買い取り可能です。

  • フィルムカメラは買い取ってもらえますか?

    はい。古いフィルムカメラも買い取り致します。

  • これってライカ?「Leitz」と書いてあります

    はい。それはライカ社の前身である、エルンスト・ライツという社名だった頃のライカです。「Leitz」ロゴが入っているカメラは、M6型以前の古いもので希少価値があります。

  • カメラのレンズにカビがあるのですが、買い取ってもらえますか?

    表面のカビでしたら、アルコールで拭きとることが可能ですが、レンズ内部のカビは分解が必要です。そのままお売り下さい。

  • 外箱が痛んでいますが、あった方がいいの?

    はい。痛んでいても外箱があった方が高額査定がつきやすいです。捨てずにおいて下さい。

  • カメラのレンズフィルターが外れないのですが

    落下などでフィルターの外枠が歪んでいるものと思われます。無理に外さず、そのまま査定にお出し下さい。

  • 傷や汚れがあっても買い取ってもらえますか?

    はい。カメラ、時計、ミシンなど、いずれも傷汚れがあっても買い取り可能です。減額となりますが、外側の小さな傷や汚れは、ある程度は許容範囲内です。

  • ストロボも一緒に買い取ってもらえますか?

    申し訳ありません。ストロボ、三脚、レフ板などの撮影小物は買い取りできません。ご了承下さい。

  • 切手買取についてよくあるご質問

    切手は消印があっても買い取ってもらえますか?

    基本的に消印のある切手は買い取りできません。ただし、中国切手や、古いもの、希少価値の高いものは消印があっても買い取りできることがあります。ご相談下さい。

  • 切手は一枚でも買い取ってもらえますか?

    はい。一枚から買い取りいたします。

  • どこの国の切手かわからないのですが、買い取ってもらえますか?

    当店は日本切手も海外切手も、一枚から買い取りいたします。

  • 記念切手はプレミア価値がありますか?

    お品物によってはプレミア価格がつくものもあります。しかし、記念切手は保管されている方も多いので、なかなか高騰しません。記念切手だからと言って、必ずしも額面以上の査定額にはなりませんのでご了承下さい。

  • 切手の裏の糊が剥げています。買い取ってもらえますか?

    はい。表面が綺麗であれば買い取り可能です。

  • 切手が大量にありますが、整理されていなければいけませんか?

    そのまま査定にお出しください。発行国や年代がごちゃ混ぜになっていても、査定員はプレミア切手を見逃しません。

  • 切手が折れています。買い取ってもらえますか?

    申し訳ございません。折れ、破れ、シミのある切手は、ほとんどが買い取りできません。ただし、プレミア切手の場合のみ検討させていただきます。ご相談下さい。

  • 切り取り線が上下にだけある切手は偽物?

    それはコイル切手と呼ばれるロール状の切手です。古いものでは、非常に希少価値があります。

  • 目打ちのない切手は、ある切手より高く売れますか?

    お品物によります。日本の発行当初の切手には目打ちがないので、「目打ちのない切手は古いもの」と思われがちですが、目打ちなしの切手は戦後も何度か発行されています。目打ちがある無しだけでは価値を判断できません。

  • ミシン買取についてよくあるご質問

    台付きの足踏みミシン、すべて引き取ってもらえますか?

    申し訳ありませんが、ミシンのみ買い取りいたします。事前に台からはずしておいて下さい。

トリアイナは日本全国が対応エリア。鑑定士がご自宅まで出張買取にお伺いいたします。ご不明点はお気軽にお問い合わせください
無料宅配買取の申し込みはこちら